クレジットカード現金化サービス
クレジットカード現金化サービス

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカードのショッピング枠の現金化の仕組みってご存知でしょうか?
「ショッピング枠現金化って危ないんじゃないの?」と言われていますが、なんで危険なんでしょうかね?

実は、こういった誤解って、クレジットカード現金化に限らず、色んなところにあるんですね。
例えば、金融商品の”株”なんかがいい例かもしれません。

”株をやる”と言うと、どんなイメージがありますかね?
”借金”や”大負けして破産する”ということでしょうか?

ここで、Thinking Time。
”株”って、株価は-1,000円みたいな感じで、マイナスになることはありません。
10,000円で購入した証券が500円になることはあっても、-10,000円になることはありません。

なぜ!株式売買をすると、マイナスになるイメージがあるんですかね?
それはきっと、「信用取引」があるからなんですね。
細かいルールなどは、別途調べていただくとして、「信用取引」から誤解が生まれたようです。

株の初心者が出来もしない「信用取引」の話をするのは、まだまだ早すぎるので、ほんとに最初に少額で取引をする分には、マイナスは発生するかもしれませんが、いきなり借金になるということは、物理的にない。
クレジットカードのショッピング枠の現金化も同じくなんですね。

クレジットカードのショッピング枠を使うことは、とても便利であるという仕組みを知ることで、また一つ選択肢が増えると言うことだと思うんですね。
今回は、そんなショッピング枠を利用する仕組みについて書いてみたいと思います。

ショッピング枠を使うということ

クレジットカードのショッピング枠とは、クレジットカードで定められている立替可能な限度額のことです。
一般的には、30万〜50万くらいが、通常、与えられるショッピング枠になるでしょう。
クレジットカードを利用して、買い物をするということは、ショッピング枠(立替可能な限度額)の範囲で買い物をしていることなります。

5,000円の商品を購入する時に、クレジットカードで決済をすると、翌月の明細に5,000円の利用が記載されています。
この金額のことになります 。

特に特殊なことではありません。

サービスの仕組み

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化とは、クレジット現金化する業者でカードをご利用いただき、お買い物をしていただきます。
お買い物の金額に応じて、現金を業者からお客様に振り込まれるという流れでサービスが成り立っています。

こういったサービスはクレジットカードの利用規約には違反していることが多いと思います。
こういった仕組みで現金化されていることは、決して少なくはないのが現状です。

クレジットカードでは何かモノを購入して、何もせずにそのままメルカリやヤフオクで売ることもできてしまいます。
何でもいいんですが、今は、それが手軽にできてしまいますよね。
いわゆる、”転売ヤー”です。

これらと仕組みで、現金化を手にすることが出来る世の中になってきたということです。
クレジット現金化する業者を利用いただくことで、お客様の手間や、余計なリスクを排除することができるメリットになります。

現金化をするためにお支払いいただいた金額については、お客様からクレジットカード会社に返済いただくという流れになります。

換金率に注目していきます。

換金率とは、私たちの業者がいただく手数料(マージン)を省いた現金化の両率です。
業者は無料で現金化しているわけではありません。

10万円の現金化をする時に、換金率が95%でしたら、10万円の5%が業者がいただき、残りの95%をお客様にお支払いするという流れです。
ですので、1%でも高い換金率で換金した方が効率はいいです。

お客様からご利用いただいているクレジットカード現金化ですが、高換金率を実現するサイトを紹介しています。
安全な優良業者ばかりではないのが実情ですので、事前に可能な限り調べたり、お問い合わせを入れるようにすると安全です。

最後に

かなり決済が早かったりもしますので、10分もあれば、振り込みになることも少なくはありません。
24時間振り込み可能な銀行もありますので、いざという時は時間を選ばずご利用することが可能です。

ただし、こういった現金化サービスは便利な反面、お客様からクレジットカード会社への支払いは発生します。
クレジットカード会社への支払いが滞納されますと、色々なところで不便なことが起きてきます。

家や車のような高額商品を購入する時や、審査が必要な買い物をする時、また融資を受ける時や金融サービスを利用する時、これらの時に困ることになります。
詳細については、ここでは深掘りしませんが、クレジットカードの支払いを滞納してもいいことはありませんので、十分にご注意いただきながら、ショッピング枠の現金化をご利用くださいませ。